読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

一瞬の世界の美しさに騙されて

新参者によるDa-iCE の話

 


2017年1月17日


Da-iCE HALL TOUR 2016 -PHASE 5-
                                   Day18 FINAL 日本武道館

 
公演に行ってまいりました。
 
 
わたしにとって
はじめてのDa-iCEワンマンライブ
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

 

 

 

 

 

 

 


 
 

 

 

 

 

 


 
すばらしい公演でした。
 
 
 

 

 


 
 
Da-iCEさんすばらしかったです
ほんっっっとうにほんとうに。

 

 


このDa-iCEの現場に来てなにを1番に思ったかって、
 


なんて落ち着いたすばらしい現場なんだ
 


ということでした。
なんといっても現場の雰囲気が穏やかで空気が滑らかで、殺気立っていない。和気藹々。接しやす〜〜〜い。(1人)

ファンがだいすきな人たちをみるには最高のコンディションで、情緒不安定にならずワクワク開演を迎えられるし、跳ねて泣いて笑って終演を迎えられる。すごい。当たり前のことじゃないですよ、これ。
 


のちのち溜め込むとなんせ、読んでいる方の後味が悪くなりそうなので、先にえびすの民からみて思った類の話をしておきます。
 
まずそもそもの話、ファンの年齢層がだいぶ違う!おどろきました!
えびすのおたくの友人でもわたしの周りには自分より年上の方が多く、常識のありなし〜〜みたいな方ばかりです(褒めてます)。でもそれは小さな囲いの中のお話で、一般的には中高生のカラーギャングさんが会場を占めているし、公式も女子中高生に人気!と謳っていますね。
かくいうわたしも、古着屋でいやこれやん……!!としっかり意気揚々に買った、袖が赤のラグビーシャツと赤のロングネルシャツと赤い靴下履いてた時代があったし、まじ赤が最高で最強で神だな☺️🖖🏻👹🎒⛑🍓🍷🚨🎈🇯🇵⁉️⁉️みたいな時代があったので一概にはなんとも言えませんが、、、

兎にも角にも!だいすさん現場は落ち着いていた。服の色味も、テンションも。前者については、メンバーカラー然り、グループカラーって良くも悪くも働くな、と思った、し、後者については、周りの人を否が応でも巻き込むような目を伏せたくなるテンションのあがり方をしている人がいないな、と感じました。みなさん、ああ〜〜楽しみだね〜〜〜〜☺️☺️みたいな感じで、この新参者でも全く居心地の悪さを感じませんでした。

(ここではなんやかんや権などが発生するので載せられませんが、リリイベの際にSNSにてあがる、ファンの方々も含むライブの様子を収めた写真を見比べると一目瞭然です。)
 

 

(少し言い方は悪いですが)ファンの質、現場の雰囲気、はグループが左右されることもあり得る、限りなくグループの核に近いものだなあと思いました。

グループがファンに潰される、というほど目も当てられないだれも幸せにならない末路はありませんからね。

わたし調べによるファンにできることは、CDを買ったりライブに行ったり、もちろん物理的なものや数字を残すことも大事で、それありきですが、初めてきた方や少し気になって足を運んだ方々にとっての判断基準は現場の雰囲気によるのではと、そしてファンの評価はグループの評価に直結するなあと、改めて感じました。

 

 

また、

この武道館公演のほんとうにラストの曲で You&I というものがありました。

このときにメンバーへのサプライズで、ファンやスタッフさんたち自身とスケッチブックに書かれた思い思いのメッセージが大画面に映し出されたのでした。

このときの会場の雰囲気、目を細めて微笑み眺める5つの後ろ姿。

忘れられませんね。

えびす界隈では、ライブDVD然り、ライブ中の画面におたくが映ることを おたく晒し と揶揄し、毛嫌いしている方も多いことでしょう。正直わたしも、おたくは構わないでいいからその1分1秒を彼らのパフォーマンスを映すことに使ってよ〜〜、、、と顔を歪めることもありました。

しかしこのダイス公演でのファンのサプライズ演出。

なんということだ〜〜!!!!

こんな幸せそうなファンの方々をみて気を悪くするどころか、ほんとうに会場の温度が気持ち上がったのでは、というほど暖かい空気が流れ込みました。

ビデオ内の開場前のファンの方々がほんとうに、この会場に来られたこと、連れてきてもらえたことがほんとうに幸せそうで嬉しそうで。

こんな素敵なファンの方々に見守ってもらえるメンバーのみなさんもきっと幸せだろうな、といらぬ感情移入もしたり、ぬらり。

 

そしてなによりこのPHASE5ツアーにかかわったスタッフさんのみなさん、それ以上に結成からかかわっていてDa-iCEの隣でずっと並走して駆け抜けたスタッフの方々が思い思いのメッセージを胸に、大画面の中で笑顔で手を振る姿は、なんとも言い難い幸福感が迸りました。

 

現場の雰囲気は、こんな新参小坊主であるわたしをも含むファン一手に任せられているのです。

この、せっかく任せてくれている“現場”をより良いものにしなくてどうするんだ!という気持ちにさえなってきました(笑)とくにこれと言ってする必要はないと思いますが、雰囲気、これ、ほんとうに大事だな、と、重ね重ねですが思わずにいられなかったです。

 

とにかくDa-iCEの現場とファンのみんなさんの雰囲気の良さに感動し、まとまりもなく言いたい放題でした、すみません。

 

 

 

 


 (ディスをしているわけでは全くなく、ここが違うんだなと感じた部分を挙げたのみ、というのはご了承ください。)

 

 

 

 

 

 


開演してからは、ほんとうに時間が怒涛に目の前を通り過ぎていきました
 


1.Splash
2.SHOUT IT OUT
3.FIGHT BACK
4.DATE
5.Fashonable
6.Cynical Life
7.Up to the stars
8.着れないままのコート
9.REASON
10.恋ごころ
11.A WHOLE NEW WORLD
12.Umbrella
13.空
14.I'll be back
15.BILLION DREAMS
16.chocolate sympathy
17.WATCH OUT
18.I got your back
19.ハッシュハッシュ
20.Back To The Future
21.エビバディ

en.
22.New day
23.to the last man
24.パラダイブ
25.You&I

 

1曲1曲、セトリを追っていきたい気持ちは山々なのですが、そうするといつまでたっても投稿できないと察し、とりあえず投稿してから自己満で少しずつ書き足していけたら、と思ってます。どうでもいいですね。☺️

 

 

 

ーーーー 追記 ーーーー

 

Da-iCEのパフォーマンス力(歌唱力含む)について

 

Da-iCEは、一人一人のパフォーマンス力がえげつない。言わば全員が、スキルメン と呼べることでしょう。その"スキル"の中で、わたしが生で目の当たりにして1番面食らったのは、"歌唱力"です。

 

アカペラグループで培った、包み込むようなアーシーボイスを持つ雄大と、想太の女性の声帯を持つ稀有なハイトーン・ベイビーボイスが織りなす2人の4オクターブボイスは、他のボーカルダンスグループにはない圧倒的な存在感を放っていた。

 

 

と、公式HPのPROFILEに記載されている。この意味を知ることになったのは、わたしがダイスのパフォーマンスをみる2回目の代々木第一体育館でのこと。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

おそろしかった。

 

 

 

 

 

そう、おそろしいと感じるほどの声量。音源から劣ることのない、というより音源を超える感情の乗った声質。これでもかと大きなアリーナ会場にも、負ける気配がほんの1ミリも感じなかった。

 

彼らの生歌はすごい。ほんとうに、圧倒される とはこういうことか、と思いました。良い意味での圧がすごい。パーーーーーンっと脳を直接殴るように入る歌声も、絞るように語りかけるように気付いたらスルスルと肌を抜けていくオクターブボイスも。

 

 

彼らにとって、もはや音源は比べるものでもないかもしれない。音源とライブの歌声はもう別物と思っていいのでは、とすら思いました。

 

 

(つづく)

ーーーーーーーーーーーー

 

 

 

 


1つ言えるのは、曲が1曲終わるたびに、拍手をしながら、すばらしい、、、と呟いてしまう現象に陥りました。(あまりにも崇高な気分になったのかもしれません)

すばらしい、なんてそう滅多に使わないのに、なぜかこの日は発作的に乱用。でも今あの日を反芻しても、すばらしいという形容詞がなんともぴったりな気がします。

 

 

今までの背景を、なにも知らない知り得ない、この新参小坊主なわたしですら感極まったのだから、昔から彼らの後ろ姿をみてるファンの方々のことを思うと、ああああ〜〜もうなりふり構わずもっと大きくなって〜〜!!!!!!!!と願わずにいられなかったです、昔から応援しているファンの方々もなんとしてでも報われてほしい………!!!必殺!余計なお世話の術!


たいきめんさんや徹さんが頻りにおっしゃっていた「Da-iCE6年目に対するおめでとうはファンの方に向けて言いたい」というのはほんとうに、ファンの方と一緒にここまで来た、という意識が強いのだなあと思いました

 

だいすさんって、ファンが、ライブって楽しい!今日のライブ楽しかったね!また行きたいね!また一緒に行こうね!って思えることを第一に考えているのだろうなと、この日の大輝さんをみてて、そこはぜったい曲げたくないのだろうなと感じました。本編ラストのエビバディや、アンコールラスト2曲のパラダイブ、mcを挟んでYou&I からもみて取れました

 

mcにてメンバー1人ずつ話した後に、やっぱりしんみりしちゃうねえ〜〜〜!なんて戯けてみせるリーダー大輝さんは最高です、会場にいる人間1人残らず笑顔で終えることが彼らにとって、何よりのライブの成功と言えることなのかもしれませんね

 

 

 

 あと、

ほんとにほんとに最後のみんなでお疲れ様でしたを言う前、雄大さんのずっと堪えていたものがとうとう決壊して項垂れて泣いてしまったときに、大輝さんが、この終わりは始まりだから!(ニュアンス)と放ったのがすごく重かったです

わたしそういう言葉を鵜呑みにできない捻くれている人間なのですが、ああほんとだな〜〜と思いました、ほんとに
このDa-iCE初めてのホールツアーPHASE5 は終わるし、夢であり目標であった初めての武道館公演を無事終演することになるけど、次こうして NEXT PHASE 、進まなければいけない道を照らされて、見据えられるのだからもういま、この瞬間に、スタートしてるなあってほんとうに思えました



この、ライブの締めにメンバーもファンも全員で手を繋ぎながらお疲れ様でした!と放つのは昔からなんでしょうか、、?正直あそこがめちゃめちゃグッときて感極まりました

お疲れ様って上からぽくてファンがメンバーに言うのはあんまり…と思っていましたが、やっぱり言いたいですよね、だってこれでもかってほど努力したにきまってるんですもん、、、でないとこんな、Da-iCEさんすばらしかった が第一言語になったりしないです

きっと本人たちは自身に向かって お疲れ様 なんて呟かないと思うんですよ、いつどんな大きな会場をやり遂げたとしても。まだまだまだ……って現状の自分たちに満足する日ってそう来ないと思うんです。だから一先ずその日の公演が“無事”終了したことに感謝して、今日の公演も最高だったよ!お疲れ様!ありがとう!という意味合いを含ませながら『お疲れ様でした!』がメンバーもファンもフタッフのみなさんも、一人一人それぞれの頭の先からつま先までジンワリ沁み渡ればなあなんて思いますね。

メンバーのみなさんもファンに気持ちを手向けるのもそりゃあ嬉しいですが、自分に向けてもぜひ言ってほしいな、と思います

お疲れ様でしたっていい言葉!労いと感謝と。お互い最後の最後に再確認できますね、メンバーとファンの関係を

 

 

 

 

 


なんかこうすばらしいと思わせてくれるグループに落ちてしまうたびに心から、もっとはやく知りたかったて思ってしまうけどそういう話でもないかなとも思いますね

それはそれ、今の彼らに惹かられたのだからどうやってもタイミングは今だったんだろうな、って思います

そんな、もっと前に〜〜知ってれば〜〜あああ〜〜〜〜とかなってる暇があったら、彼らの未来に思いを馳せるほうがず〜〜〜〜っと幸せです〜〜〜〜〜〜!

あは〜〜楽しかったなあ〜〜幸せだった〜次はどんな5人をみれるのかなあ〜〜〜

 

 


落ち着いてみると、こちらからなにも返せてないのでは、と不安になるくらい最高で最強ですばらしかったDa-iCEさん

わたしのこの日の唯一の引っかかりは、今の彼らになにか返せたのかな、ということでした
乙女チックサンデーかよ!みたいなツッコミが聞こえますが、ほんとうにそう思ってしまうほどたくさん受け取って受け取って……幸せ過多だったのです…

まあでもそのいただいたものに見合うように返せる思い出も、力量も、持ち得てないんですけどね(自分で言っておいてすこ〜しだけ萎れてます)、Da-iCEさんすばらしかったの気持ちの矛先をどこに向けていいかわからなくて。だから返したいって気持ちがはやってしまってどうしようもなくなったりしてます

  

 

 

 

 


武道館公演ってやっぱこれだなあ〜〜!と、この有難みと喜びと、何より楽しいの爆破地点だなあって思いました

これぞ武道館公演!夢であり、目標であり、そしてしっかり5人が、ファンが、掴み取った武道館公演!あああ〜〜!!!!ほんとうに最高!武道館公演に立ち会えてよかった!

ありがとうございました!
もう誰に向かってありがとうございましたと言っていいのかわからない、地球ありがとう〜〜〜〜!!!!!!!

 

こんな、武道館が端から端までバッツリ埋まってる光景、客席3階にいるわたしですら鳥肌総立ち…正直、終始胃が震えてた

 

こうして1人から、6年かけて9000人を埋めて、これでもかって大きな声援を浴びて、アーティストとして本望だろうなあ、ほんとうによかった嬉しい

 

こんな短期間ですきになり、ハッと気付いたら武道館に座っていて、瞬間移動使えたっけ?みたいなとこありますし、こんなにメンバーに感情移入してしまうなんて正直思いもしなかったです

 

 

 

このブログを書き進めていくうちに、少しだいす気になってるけどよくわかねえしなあ〜〜みたいな方々のもう一押し(過去ブログ乱用)ができるような勢い(だけ)の記事になればなあと思いました

何スクロールさせるんだ?という感じのだいぶ上記になってしまいたが、ファンにできることのもう一つは“広めること”ですね。コツコツした布教活動、ファンのみなさんなら得意のことと存じ上げます(迷惑な話、わたしはすぐ人にステマダイマします☺️)

 

 今少しでもDa-iCEが気になった画面の前の方々!ほんとうに遅くないです!というかすきに遅いもヘッタクレもありません!なぜならわたしがすきになったのもほんのつい先日のことですが、こんなにDa-iCEさんからいろいろな気持ちを享受できているからです!今まですきですきで仕方なかったはずのアイドルの沼では芽生えなかった感情になったりもして、正直すごくすごく戸惑ったくらいです。

古参や新規やら拭えない枠組みを少し気にしてしまうのはファン同士だけで、正直本人たちは少しも気にしてません!(笑)

入り口はたくさんあります!個人的には楽曲で勝負できると思っていますが、歌でもパフォーマンスでも、もちろん顔でも!正直顔がすごいですよね〜〜!(心底褒めてます)

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

間違いなく、ファンはDa-iCEを愛し、Da-iCEはファンを愛していますね。

気恥ずかしくて、まともに打てないですが!ほんとうに愛を感じるライブでした!ワ〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜最高では?こんな最高なライブがあったんですよ〜〜!Yeah地球聞いてるか〜〜〜〜!!!!

  

 

 

 

 

 

アイドル(アーティスト)をすきになって、おたくになって、

すきな人が幸せで幸せ、って感情を知りました

 

正気です☺️

 

 

 

 

 

 

 

 

 

大輝さんがmcでおっしゃっていたように、実際に自分の目でライブをみて何かしらを感じ取ったファンが紡ぐ言葉ってやっぱり影響力あるよなあと、わたし自身も短いながらおたくを生きてきて感じ、なにか残しておかねば、と思い親指を動かした次第です

この爆発的感動を伝えるのはなかなか至難の技ですね、遣る瀬無いにもほどがあります

 

この記事を読んでくださっている方でほんとうに知りたいのは、そもそもどの顔がどの名前で、どの人がメンバー内でどんな色を出しているのか、この曲はどんな想いが込められた曲なのか、、そんな疑問をもとにここに迷い込んでしまったのなら、大変申し訳ない気持ちで大波を成しております。その場合はぜひ他にたくさんすてきなレポブログがあるので、そちらにお願いいたします。わたしもすぐあとを追いますから!!🏃

 

これからDa-iCE 2回目となるホールツアーがはじまりますが彼らはまだまだファン獲得の必要性を感じているそうです

自己満とは言え、わたしが一生お会いすることもないであろう人の中にでも、Da-iCEという欠片が残ればなと思います 

 

 

Da-iCE LIVE TOUR 2017 -NEXT PHASE- 」

【埼玉県】2017年6月23日(金) 三郷市文化会館
【埼玉県】2017年6月24日(土) 三郷市文化会館
【北海道】2017年6月28日(水) 小樽市民会館
【北海道】2017年6月30日(金) わくわくホリデーホール(札幌市民ホール
【石川県】2017年7月8日(土) 金沢本多の森ホール
【福岡県】2017年7月16日(日) 福岡サンパレス
【愛知県】2017年7月21日(金) 日本特殊陶業市民会館フォレストホール
大阪府】2017年7月22日(土) グランキューブ大阪メインホール
【埼玉県】2017年7月29日(土) サンシティ越谷 大ホール
青森県】2017年9月2日(土) リンクステーション青森
【神奈川県】2017年9月9日(土) 厚木市文化会館 大ホール
福島県】2017年9月10日(日) 郡山市民文化センター 大ホール
宮城県】2017年9月15日(金) 仙台イズミティ 大ホール
宮城県】2017年9月16日(土) 仙台イズミティ 大ホール
広島県】2017年9月23日(土・祝) 広島アステールプラザ 大ホール
広島県】2017年9月24日(日) 広島アステールプラザ 大ホール
【千葉県】2017年9月30日(土) 浦安市文化会館
群馬県】2017年10月7日(土) ベイシア文化ホール 大ホール
香川県】2017年10月9日(月・祝) サンポートホール高松 大ホール
兵庫県】2017年11月18日(土) 神戸ワールド記念ホール
兵庫県】2017年11月19日(日) 神戸ワールド記念ホール
※開演時間/開場時間未定

 

余談ですが、2017年のツアー日程です💐

お時間あればぜひお財布と相談して、いらっしゃるのもありかと、、!

今すでにわかることが1つあるのですが、、、

 

 

ぜったいに来た方がいいです!!!!(笑)(圧倒的主観😔🙏)

 

ほんとうに1人できても楽しめる現場だと思います。わたしは現場要介護人間(隣に掴まったり叩いたりできる人がいないと立っていられない)なので今のところ母を連れ回していますが☺️

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

さあ、!

わたしはもっとだいすさんのことが知りたい!だいすのことを知りたい!Da-iCEのことを知りたい〜〜〜〜!!

ということで、これからも追いかけさせていただきたいです

 

 

 

 

 

すきでいさせてください
 

 

 

すてきな現場の雰囲気を作ってくださったファンのみなさん、すばらしい公演をみせてくださったメンバーのみなさん


ほんとうに
ありがとうございました

新参小坊主もすごくすごく幸せな時間をすごせたこと、この公演のすべてに感謝したいです

 

だらだらと失礼いたしました

 

 

 

 f:id:pem_tn:20170126050605j:image


SEE YOU NEXT PHASE..
 
 

あめりかんザリガニ 〜大阪城(ダイハンジョウ)編〜 のお話



8/25 (金) EBiDAN OSAKA 主催イベント
「EBiDAN OSAKA 大阪城(だいはんじょう)~起こせ!レボリューション!!~」 / なんばHatch


例によって東京から(当日のヤコバ車中でラインにてオーサカ行きを父に報告すると、既読無視をされ、アッ、ついに社会的にも人生的にもいろいろおわったな、とだいぶ重めのリスク背負って😅)ガタガタやってきてしまいました〜〜



そして今回は!
5/3以来のオーサカ全体イベントであり、

加えて!

☑︎スタメンKiDS
☑︎えびなご (= EBiDAN NAGOYA )
☑︎(えびせん) (= EBiDAN SENDAI )( かっこいい+せんだい=“ かっこえびせん ”と読みます!かっぱえびせん☺️のノリで大丈夫です!やめられないとまらない!新たな沼のかおりが、、、!)
☑︎OKiEBi (= EBiDAN OKINAWA )

という各地方のすばらしい少年たちも挙って出演した、とんでも大所帯なイベントとなりました!


あめザリだけでなく、他グループについて、イベント運びについて、圧倒的第三者ながら、いろいろ思うところ、感動したところもあったのですが今回はとりあえずこの日の あめりかんザリガニ についてセトリを追って、タラタラ書いていこうと思います

(この記事の公開後もポツポツ他グループについては編集して更新できたらなと考えてます〜〜!簡潔に言うと、すごくヨカッタ〜〜!ので!はやく褒めちぎりたい!)





----------



1.青春ベイビートゥラブ
アンディくんが1人、前センターでスポットライト浴びながら曲名を放つ(正直もうかっこいい)
MBSではじめてみた青春ベイビートゥラブと今日との伸び代をみるとまだまだ突き詰める先があるんだろうなと思いました
どう考えても成長がみてとれます
一番最初のオリジナル曲ですが、倦厭せず完成度を高め続けてほしいなと思います、実は大好きな曲なので、、、


2.ボクラノアイズ
わたしは今回はじめて生でみました!
ライブの前に以前の堺の際の動画を友人さんにみさせていただきました。そのとき正直、平坦で盛り上がりに欠ける?あめザリの元気で明るい部分を引き出す曲のが今はまだいいのに〜〜、と勝手に喚いておりました、、、が!生でみるとめちゃめちゃよかったです、、。プリズっぽい、スキル的にも精神的にもどこか余裕がないと魅せずらい曲かなあと思います。あめザリは元気!かわいい!カワイイ!すごい!わー!カワイイー!だけでない、良い意味で年齢を裏切るパフォーマンスをもみせてくれるところが見どころであり、おたくを飽きさせないパフォーマンス力だと思います。


3.HANABI HANABI(初披露)
THE祭り感がすごい。赤地に黒字で〔祭〕と書かれたうちわを華麗に扱いながら踊ってました。祭と書いてある面は片面なので、そこの意識も必要と思うとだいぶ神経使いそうな曲だなと思いました。
あと間奏で、アクロバット
ロ〜〜〜さんがロンダート?でよりさんもバク転?をしていました!が、まだ未完成で、ぶつかったり?もあったようです。アクロバットは初見の人がとにかくオワッ?!となる強みになると思うので怪我にだけは気を付けて、またの披露を待ってみることにします。


4.ヒカリ絵(初披露)
重大発表(12月に単独有料イベント=ワンマンの決定)直後の一曲。待っていました!かのように迸り出すイントロ。少年たちの努力や振る舞い、ステージ上で舞う姿、こんなに美しくていいのか、、、ってくらい目が眩みましたね。嬉しくて嬉しくて、でも不安と唖然が渦巻いて、現実をうまく飲み込めずに、儚げに笑む彼らが愛おしいったりゃありゃしませんでした。
また個人的には、
後ろ凹みのV字フォーメーションのとき、ソロで1人ずつ踊るみたいなところがあったのですが、その頂点でアンディくんが1人で他のメンバーソロ中もずっと踊ってて(メンバー全員ソロあったかは曖昧ですすみません)、これでもかってくらい長い拍を余すことなく十二分に使っていて、ほんとうに震えた。なんかゆっくり心臓捻り潰された感覚。しかも振りを詰め込んでいる方ではなく、ゆっくり鳩尾入れつつ、関節ひとつひとつ、しなやかに動かす方の振りで、〔妖艶〕という言葉が中学2年生の彼からもう滲みはじめていました。途轍もなくこわい。すき。


どう考えてもあっという間に身体は大きくなって、ほんの1.2ヶ月ぶりの現場でも後ろ姿では本人と判断しずらいくらい成長していたりします。歌唱、パフォーマンス、特に個々人の魅せ方についてはどんどんうまくなっていて、恐怖すら感じます(笑)
加えて、ジワジワとではありますがあめザリちゃん気になるわ〜〜〜!という方も増えてきているのではないでしょうか。

それに伴いこれからは、メンバー1人1人が今後のことを現実味を帯びて考える覚悟が必要なのかもしれない、と感じはじめました。

これから、もし、ほんとうに、たくさんの人(おたくスタッフ含む)を引き連れるアイドルとして上を見据えて走りはじめるのならば、不退転の決意が不可欠であることはおたくのみなさんなら既存のことと思います。
しかしまだ、アイドルという職業が宙ぶらりんな状態のメンバーもきっといると思います。ほんとうに手探りな時期ですね。小学5年生から中学3年生ですもん、当たり前です。アイドルというなんとも厄介で一筋縄ではいかない職業ですが、その中でいかに、ファンに囲まれながらステージに立つことに、立てることに、喜びを感じ、やりがいを覚えるか、が肝になってくるのではないかなあとわたしは思います。その過程で彼らがなにを思い、なにを結果として掴み取り、掴み損ね、なにを決断するのか、わたしたちは⚠︎あくまで沿道で⚠︎見守っていくべきだと思います。ファンに潰されるほど見てられないことはないですからね。

わたしは、深い考察なしに今回のあめりかんザリガニはすごくかっこよかったと思いました。彼らのパフォーマンスに対してお金を払わせてほしい、と思えました。ほんとにかっこよかったです!あれやこれや言いたいことをグダグダ言って、単純で、且つ、1番大事な感情を忘れがちです。彼らのパフォーマンスをみて、かっこよかった、そうだかっこよかった!それでオールオッケーか!あ〜あ、アンディくんの近親になりたい


考察するのはすきだし色んな方の感じ方も考えもたくさん知りたいけど、結局は自分の直感を大事にしなきゃだし、したいなと思いました。





、、、と、言いつつ、大阪での現場は、この現場を節目に、少しお休みしようかなと考えております。

次の大阪での現場は、12月のワンマンかなと

一旦落ち着いて、現実のアレコレをちゃんとしようと思い、決め込んだつもりなのですが、もしそれまでに大阪に飛んでしまっていても、フッ軽でちょっくら足だけ飛んで行ってしまったんだな、可哀想に、とでも思っていただけると幸いです

みなさまのレポを楽しみにしておりますね






あ〜〜あ、大阪行きたいよね




----------



前の記事にコメントしてくださった方、ほんとうにありがとうございました。
嬉しくて嬉しくて、なにより的確であたたかいお言葉たち、今回の遠征を決めた足掛かりの一端を担っていた、ということは言うまでもありません。
この場をお借りしてお礼申しあげたいと思います。
こちらこそ、オーサカにてお会いできる日を楽しみにしております。
12月までのあめザリ、然りオーサカのこと、ぜひともたくさんお聞かせ願います。感想温めすぎて、ひよこ孵していてくださいませ。



--------

はじめてのオーサカ遠征にテンションあがっているのがダダ漏れあめザリ褒め殴り記事👇

オーサカについて東京にてなんかすごく喋ってる記事👇



| 🔍もしかして : ebidan osaka ってヤバみ? 検索 |
or
暇で死ぬ!

という方のみ、ぜひ!合わせてご覧ください








〜 そろそろ動画があがってほしい季節ですね 〜


〜 運営様 〜

〜 待ってます ☺️☺️ 〜


おわり

EBiDAN OSAKA と 関西外オタクの戯言 のお話


(こちらはひとつ前の記事のそのまま続きと思って読んでいただけるとわかりやすいと思います、お手数お掛け致します)






そしてやっとこさ!
5/3の全体イベントのこと!


f:id:pem_tn:20160513023954j:image


(ご存知の方も多いと思いますが、4/24行ったときの夜行バスより、ゴールデンなウィークしてるときは安らかに3倍弱しました、、、(瀕死) )



とにかくこの日は、オーサカ全体イベントということで、下は8歳小学3年生から、上は18歳大学1年生までのとんでもなく層の分厚い中でのコンビネーションが最高ったらありゃしなかったです!



セトリはこちら
ナレッジシアター前説ボーイズ
Life and death
エビビ-THEエール-
けもパン世界タイトルマッチ
青春ベイビートゥラブ
BOYS,BE WILD!
サクラサク
けん玉LOVE
KLAP
恋のDing Dong
恋心
でした。

印象に残ったところのみを割愛した独り言を打ち込んでいきます。




まず、オーサカ全体イベントでは恒例化している、前説ボーイズ、、、、!わたしは全体イベントが初めてだったので、舞台に出てきてから、カッ、カワイイ〜〜〜〜〜〜😂😂😂😂の一言が出るまでさえの時間すらかかりました。そら会場も本編始まる前にしっかり温まりますわ。いい仕事しすぎです、みずきくんはるきくん!会場をカワイイで色付けてくれてありがとう!


そんで満を持して出てくるのは、メインMCみやもとくんと天くんでした。(ともに、オーサカ派生グループ、GOTEN?所属)

わたし、みやもとくんが出てきたときほんとにキラキラしたなにかしらがステージに乱入したかと錯覚しましたよ、正気です。みやもとくん、ほんとにめちゃめちゃ目がキラキラしてるんですよ。これ比喩じゃなくて!みやもとくんにおそろしくピッタリなオノマトペは、間違いなく、“ キラキラ ” です!


そんなみやもとくんは年下ちゃんたちからほんとうに慕われて(いじられて)て、わたしは、みやもとくん自身の素晴らしいMCトークやあめザリちゃんから繰り広げられるほのぼのお兄さんトークの供給に追いつけないオバサンでした。




そんで、つぎかな。
わたしエビビとけもぱんなんて5万年くらい前の話やと思ってたから、めちゃめちゃ久々で楽しかったです、、、、!!!あと、ちびっこたちは、目が合ってこっちが笑うとわかりやすくすっごく嬉しそうにしてくれるのでこっちもめちゃめちゃ、うれしいーーーーかんわいいいいいーーーーーーーーヒィェーーてなるので世界平和のループが循環しはじめます。

けーもけもけもけもけもぱんちーーーじゃーぶじゃぶふっくーあっぱーーすとれーーーーーーーとーー!

、、、、なんて、エビダンの沼に浸かり始めた頃、娘のiPhoneから呪文のように1日に何度も聞こえてきたら、そら心配になるか。ごめんお母さん。わたしはまだ大丈夫よ!(既社会不適合者)




その後貫禄のあめザリちゃん、、、、

オリジナル3連発、、、

じゃーぶじゃぶふっくーあっぱーー♪♪♪♪なんて言ってられない(けもぱんはけもぱんでめちゃめちゃ好き)めちゃめちゃ強いただのじゃーぶじゃぶふっくーあっぱーーすとれーーーーーーーと♪♪♪♪をかまされました♪♪♪ツライカッコイイ♪♪

私事ですが、とても良い席で見させていただいて、そこに命を置いてきた感はあります。


__†__



(曲ごとの感想は前の記事参照)






ズッキーーーーーー二!!!!(話題転換)



ええとつぎは、けん玉、、、、、、!わたし、自分がオーサカオタクになるかもしれないと勘付き始めてから(のちのスパドラの当時小学生組とのちのあめザリのオーサカ組のコラボを見たかった)、改めてアミーゴのけん玉回を懐古してたんです、、!だから今回はけん玉めちゃめちゃ楽しみにしてました!けん玉KiDSたちがあめザリ兄さんたちにとめ剣の戦いを挑むのですが、思いの外、あめザリ兄さんたち爆弱で笑いました。



そのあとはみんなでけん玉LOVEを!ちびっ子に混じってけん玉振り回す大ザリに、みやもとくんに天くん、バチボコに可愛かったです。

どうでもいいけど けん玉LOVE て相当ヤバいですよね、えげつないほど日常生活から的を絞っている。けん玉をテーマにした楽曲って世の中他にあるのかしら。スタダはほんとに、歴代グループ名然り、楽曲然り、企画とかも、突拍子もないこと言うからほんとにすごいな、、、、。ウス!それさえも愛着湧いてくるからエビダン最THE高!ワーーーーイ!





そしてきました、KLAPメンバー、、、!

ここです。

これです。


f:id:pem_tn:20160513022808j:image


EBiDAN OSAKAのダークホースはここだと思ってます。



右から紀田直哉くん(中1)、弓木大和くん(中2)、永田陸斗くん(中2)、そして、

たぃたぃこと圧倒的逸材、徳井太一くん(中2)

この4人が、DISH//兄さんのカバーとしてKLAPを、12月のオーサカ全体イベントから披露しているのですが、これがまたすごいんです。


たぃたぃはまずブログ読んでください。ヤバイですから。ヤバイの3文字で十二分なくらいヤバイですよ。

こちらが徳井大先生の最新作です、ご確認ください。


こんな絵文字、煽りでも使わないだろ!てくらいなキラキラ地獄です!そんで一個一個絵文字変えてるからすごい!全然かぶってない!スゴイ!でも内容から察するに、たぶん中学2年生徳井くんの中身はめちゃめちゃしっかりしてますね。すごく頭がいいと思います。どうやったらお客さんが喜んでくれるか、ちゃんと考えてやってそう。


あと、
たぃたぃのダンスは前の記事で示した通り、どちらかと言うとユーキさん寄りですね。とにもかくにも、誰が見てもまず目が行くのはたぃたぃです。困ったらたぃたぃみてください。ぜっっっったい飽きませんから。むしろ目が離せなくなります。手足がめちゃめちゃめちゃめちゃめちゃめちゃめちゃめちゃめ……長くて、綺麗です。たぶん踊りながら伸びてます。ゴムの人です。ダンスをするために生まれてきたんだろうなあっていう恵まれた体型です。でもそれをちゃんと自分のものにして、扱いきれているのがすごいんです。あと手先がめちゃめちゃキレイ。本人もダンスを踊る上で意識しているそうです。接触のとき、めちゃめちゃ手おっきくてドキマギしちゃいました。手の大きさ比べっことかキャッキャしながらやってくれそう。

キャッキャ(≧∇≦)


あとMCもめちゃめちゃヤバイです。たぃたぃが喋るとなんかもう笑っちゃいます、スゴすぎて。(5億万パーセント褒めてます)会場全体の空気を自分に取り込むのがほんとうにうまいんだなあと思います。




まだカバー1曲しか披露してないチームと思えないほど、かなり個々も固まってて(すみません他3人のパーソナルな部分はわたしもこれから知っていきたいと思っています)、見ててヒヤヒヤしないというか、ここまで安心して見れるパフォーマンスをしてくれるKLAPメンバー!売れます!

いやほんとにほんとに、クソ新規がなにワーワー喚いてんだって感じなんですが、KLAPメンバーは覚醒します。今からチェケラしておいて、絶対損はないでしょう!させません!

(5/28、KLAPメンバー+けん玉KiDSメンバーのフリイベが決まりました!場所はまだ未定だそうです!お時間合えばぜひ、オーサカのダークホースをお見逃しなく、、、!パカラッ🏇)




からの恋をディンドンして、恋の心を、全員で歌って踊ってくれましたね。(義務教育の少年たちのことを考えすぎて、脳が悲鳴をあげ始めました)


最高でした。はーーーーー





今までもだと思いますが、今回のオーサカ全体イベントはみやもとくんが、いないと成り立ってないんやろうなあと思うくらい、彼はしっかりしてました。オイ!ミヤモト!て楽しそうにマイクで叫ぶオーサカちびっこたちも、みやもとくんにならついていこう!と自然に思えてるんじゃないかなあと思います。わたしは、エビダンオーサカ初めてのあの規模の大きなステージの照明を、客席に1番キラキラ照り返してくれたのは、みやもとくんじゃないかなあと思ってます。

みやもとくん!誰って感じ果汁200%だけどありがとう!同い年、東京で頑張る女になるよ!東西でバチバチしよう!頑張ろう!








てなわけで、幸せof幸せで脳が溶けながら、2週連続で大阪遠征を果たしたわけなのですが、


ンンンン〜〜〜〜〜

なんだか、納得いかないことがある。





それは、やっぱり関西外オタクへの布教カバーの薄さでしたね。

東に帰還してさらに実感してます。



現場が大阪中心

は、いいんですよ、全然わかります。そりゃそうだ、仕方ない。メンバーが関西在住ですし、なんてったってEBiDAN OSAKAなんですから、大阪を拠点にするのは当たり前です。でなきゃ逆に炎上待った無しですからね。オタクはすぐキレる(わたし含め)


ebidanアミーゴへの出演

まあ尺的に既に、5つのグループを抱えていますし、パッツンパッツンなのも見てていやってくらいわかるんですが、地方ebidanの中でも唯一?の派生グループとして活発に活動しているあめザリをなぜ取材や密着しないんだ、、、し甲斐しかないと思うんだけど年齢的な問題かなあ、、、、今とっておかないと男の子はすーーーーーぐおっきくなっちゃいますよ?彼らの着実なる成長を見逃すのはほんとにもったいないと思うのではやく特集してください。

アミーゴって全国で見れる?かわかんないけど、とりあえずそのグループが拠点としている場所以外に住んでいる人でも、ライブになかなか行けない人でも、他グループ推しのオタクにも、知ってもられるテレビ番組という、最強媒体を持っていながらなにもしないのはどうかと、、、、だってこうやって今回の超Dを見てはじめてみ!を知る人がいて、ちょっと気になるから調べてみようって人がいるわけで、、、、(わたしはメンバー募集のオーサカワイプのちゃんばら踊るなぜかめちゃめちゃ目立つジェイたろしか確認できたことしかありません)。はやく地上波に乗るオーサカメンバーを見たいです。

ぜひ、イベント告知だけとかでも出演できたらいいのに!と思います。あわよくば、以前何度かやっているコーナー系のトーク!めちゃめちゃおもしろかったです!みんな関西の子だし、テーマのあるトークならみんな喜んでお話すると思いますし、関西弁にハウワァ〜〜〜〜好っきゃでえ〜〜〜(煽ってる)てなる人たくさんおると思います!ちなみにわたしは悶絶してます!よろしくお願いします!





YouTube動画が1本


????????????


もったいない。これがほんとにもったいないしよくわからない。えびなごもえびせんも何本もユーチューブに載せているのになぜ、、、。ストリートやイベントなど、こんなにたくさんの場数を踏んでるのに、なぜ、、1本、、、、。

なにより、特にあめザリのダンススキルを布教するには動画が1番なんです。オタクだって、なんでもかんでも貪り食ってないんですよ。なにか、脳内がひっくり返される決定的なものがないと落ちないんです。まさに、わたしがあめザリ沼へ落ちるもう一押しがストリート動画でした。そうなんですよ。もう一押し〜〜〜!がないんですよ、オーサカは。わたしみたいに関西外で、エビダンオーサカ気になるなあ〜〜あめザリ見てみたいなあ〜、、でも現場ないし動画ないし彼らのことよく知らないしなあ〜〜、、、て、悶々とした日々を過ごしている方がたくさんいらっしゃると思います。いつかのわたしですね。


そんな沼の淵にいる方々の背中をチョイと押す(想像するとやばい)には、「動画」の存在がなくてはならないんです。

わたしたちがいくら、

オーサカイイよ!サイコーだよ!ウェーーーイ!!!あめザリサイコーーー!ワッショイワッショイ!!祭りだーー!ヤーレンソーランソーラ……(ハッ)

なんてほざいたって、限界があるし、まるで説得力がない。わかる。

正直今のままでは、エビダンオーサカを広めたいのか、そうでもないのかわからないくらい、運営はなにもしてくれないんだ、と思ってしまってます。

だから、どうか動画を!ドウカドウガ!(似てるな!)動!画!を!お願いします!






なんて言っていたら、

▷6/18 スタメンKiDSのイベントのゲスト出演( 詳細コチラ ☞ http://www.ebidan.jp/stamenkids/event_20160618stage1-2.html )

▷6/19 あめザリ関東フリイベ


f:id:pem_tn:20160513024018j:image




決定しましたね。関東でのイベントを願い狂っていたので、ほんとなんかもう駅のホームで小躍りしてます。ハピ田ハピ子って感じです。

ほんっっっっっっっっっとうに、

おめでとう!




これはほんとに関東オーサカオタク増員の最大のチャンス。わたしなんかがゴロニャンお世話しなくても、自然とファンは増えると思いますが、あめりかんザリガニを知ってほしい!という清らかたる思いから(あわよくば、エビダンオーサカ自体も知ってもらえると踏んでいる)、当日までステマすべく、公式動画がほしい!動画ほしい!それしか言えねえ!!!!動画乞い厨か!

よろしくお願いします。





まあそんなこんなで、関西外オーサカオタクの叫びをつらつらぶっ込みまして、気に触った方がいましたらほんとに申し訳ないです。

関西の方からすると、誰やおまえ?てなるのがフツーだと思います。受け流して、勝手に喚かせていただけたら幸いです。








とにもかくにも、

あめりかんザリガニ 然り、

EBiDAN OSAKA


はとてもとても、素敵で、最高なグループです。

それでは直近、関東現場である、6/18、19の現場でお会いしましょう。失礼しました。

あめりかんザリガニ のお話



4/24(日)
あめりかんザリガニ ミニライブ+特典会
「サクラサイタ?浪速の恋は爆走中!〜ちゃプラで会えるん?〜」/ MBS1階 ちゃやまちプラザ

5/3(祝・火)
EBiDAN OSAKA ミニライブ+特典会
「こどもの日だよ!EBiDAN OSAKA90分スペシャルミニライブ!見に恋のぼり?」 / グランフロント大阪北館4F ナレッジシアター

という2つのイベントに、東からガタガタ夜行バスを走らせ、行ってきました!


f:id:pem_tn:20160506200225j:image


なんでフリラのためにわざわざ遠征してんの???しかも大阪?頭が悪いのか??

そう1番思ってるのはわたしですね。なぜそこまでして、そしてGWの鬼ほど高くなったヤコバを使ってでも大阪に行ったのか、正直、どう冷静になってもわからない、、、、、

わたしをそこまでさせた、“なにか” について、ツラツラとメモ程度に記録していこうと思った次第です。




物理的には、大阪の友達のあめザリオタクがわたしに押し付け芸を披露してくれて(スーパーハピハピ感謝してます)、完全に あめザリがとてもとても好きな人 になりえました。

去年の受験期のちょうど夏ごろにアミーゴでけん玉の企画やってて(それ以前にブログとかで?既に気になってた節はあったのかも)、只者じゃない子がいる、、!!!!と思ってみてたのがEBiDAN OSAKAのアンディこと、安藤夢叶くんでした。でもなに故、受験期なもんで、全然情報を得る余裕がなくて、ああ"〜〜アンディ〜〜〜と思いながら時がすぎていきました……

そんな!受験期も!終わった!3月!
たぶん、樟葉でのEBiDAN OSAKA(以下オーサカ)全体イベントの感想として、のちのわたしのフットワークをここまで軽くさせた(ハイパーゴールデン感謝と敬意を込めている)オタクが、すごくアンディに関することをツイートしていて、堪らなくなって、

「わたしにアンディを押し付けてください」

と勇気を振り絞って話しかけたのが、わたしが今までのバンドサイコー人生を含めても初の遠征である、大阪遠征を遂げる、すべての物語のハジマリでした。。。。(メルヘンでもなんでもなくただのキモオタの話がはじまります)

それからはDMでまず、お友達間の共有は可能なあめりかんザリガニ(以下あめザリ)のストリートライブの模様を見させていただきました。(ストリートライブでの撮影可能)

いや、ヤバかった。

そのころ(今もだ……)、青春ベイビートゥラブしかユーチューブであがっていなくて、もうすでにそこから成長している彼らが、城天で楽しそうに歌って踊っている姿がそこにありました。

アンディくん、ヤバい。

ほんとにほんとにいきなり焦点を狭めてしまってあれなのですが、アンディくんのダンスはヤバいです。画面越しでも彼のダンススキルのブチ抜けが垣間見れました。

アンディのダンスは、ユーキさんとはまた違います。どちらかと言えばソルティですね。ほんとにわたしの主観でエビダンダンスに定評のある方々のダンススキルを2分すると、

▶︎ユーキさん、じんとっと、たぃたぃ(下記参照)
▷ソルティ、アンディ、ジャンジャン

です。

▶︎の3人は大きく言えば、ジャズっぽい。とにかく舞台上で映える、大きく見える、そして何より目立つ。(実際じんととたいたいはジャズを専門としている)(信憑性は悪しからず)個人的には、舞台俳優ができそうな3人。踊りに感情を落とし込むことが得意。

▷の3人については、ソルティはポッピンが得意、たぶんジャンジャンも、で、アンディはヒップホップを専門としています。(お時間がある方は、アミーゴ企画の、みるみるみるくの!作ってみるみる!きたえてみるみる〜〜!のソルティ回をご覧ください!普段の雑音と言われている塩﨑くんのポテンシャルの高さを見てほしいです!ナチュラルに惚れる人ぜったいおるはずです!例えば!わたし!ハッピー!!)(あと、み!が結成される前のソルティとジャンジャンがペアを組んでバッキバキに踊って、プリズ兄さんの大樹さんティムティムペアに勝負を挑むっていう企画の動画もあるので気になる方は是非お声かけください!待ってます!)

〜〜話逸れすぎの術でした〜〜

ということでアンディのダンススキルはユーキさんとはまた異なっているということを言いたかっただけであります。私事ではありますが、とても速い電車グループでは5推しで、アンディにユーキさんを重ねながら、というか平べったく言えば、似てるなと思ってきっと気になりはじめたんだと思います。でも、アンディのダンスを見ているうちに、2人を勝手に同じベクトルに乗せるのは申し訳ないくらい、それくらい、それぞれの魅力が見つかった気がします。

、、、、

長くなりそうなので煮るなり焼くなり、晒し以外でお願いします。

なんやかんやで、その後もオタクさんにDMでオーサカ然り、あめザリのお話を、トマラナイときはオールで聞かせてもらっていたりしました。

そして謎の使命感に駆られるように、5月鬱になりかけの大学生デビュー坊主のこのわたしが、イソイソと大阪へ飛ぶ準備をはじめたのでした。

まず4/24のあめザリ3度目の単独イベント。

あとあと聞くと、オタクのみなさん全員が口を揃えて「今日はライブが最高だった!」とおっしゃってました。「(わたし)に見てもらう最初のライブが今日でよかった」と。(今までストリートやイベント等、幾つものステージを踏んできましたが、煮え切らないライブのときもあったようです。でも今回は本当によかったと。)

わたしもほんとうに、あめザリ最高ヒィーーーーーッて感じで終わった後は this is 蛻の殻 状態でした。

セトリ順にいきます

1.青春ベイビートゥラブ
これはユーチューブにあがっていたのを擦り切れるほど見てたので、1番わかりやすく成長をみてとれた気がします。正直、あっあのっ、、ああのッッ、いつもユーチューブで見てたやつを目の前でやってくれるァッハガッ、、、てなってました。(実際の地蔵っぷりよ)1番最初のオリジナル曲とはいえ、スキルいる部分もたくさん盛り込まれてあるので、しっかり見応えもあります。この曲はオリジナル1発目ということで、今後も大切な曲になるんだろうなと思うし、みんなで大切にしなきゃいけない曲だと思います。みんなが大きくなって、高校生くらいになって、いつかここよりも大きな舞台でやるときにどんな表情をして踊っているのかなとか思うと、未来は明るいよなあと思いました。ハイ、最高。つぎ。

2.BOYS,BE WILD!
これ単純にめちゃくちゃフリが好きです。イントロはもちろんのこと、間奏の1人ずつのダンスソロの部分、推しカメラしかできないわたしの目にとても優しいですし、珍しく、僕を見なって顔されちゃうのでハワァ〜〜〜てなっちゃいます。あと個人的には、ローーーーさんこの曲ヤバイです。斜め一線のフォーメーションのときの手前の一端のときの目、めちゃめちゃカッコイイ。ハイ、最高。つぎつぎ。

3.Find The Way
プリズ兄さんのカバー2曲目!ミステリアイズから打って変わって、穏やかな春の歌。正直わたしも、若干知ってるかな?くらいで、ちゃんと知っているわけではなかったけど、みんながすっごく優しい目をして手振りをしてくれるからもうなんか勝手に手が動いてた、、ホラ、やってみな?といざなわれるようにいつのまにやら手が動いていた、、、。(錯乱)とにかく会場の多幸感がすごかったです。最高。ハイ。

4.Burn!
最高。(あめザリ定番曲になりつつあって、オタクカラオケでは、バーンの最後のポーズはあめザリポーズしがちです)

5.Mysterious Eyes
きました、わたしめちゃめちゃ待ってました。このストリートの動画ほんと髪乾かしながらでも意地でも毎日みてた時期ありました。プリズ兄さんは5人編成なので、7人編成(よりさんは今回お休みでしたが)のフォーメーションとか新しいフリとか見所ありありです。そんで、フリが大人っぽいし、それをこなしちゃうので、ほんまにあのコテコテ関西弁の子らなのか、、??????となります。魅かれますね。控えめに申し上げても、ミステリアイズのあめザリ大好きです。

〜〜超超個人的ですはありますが、プリーズ然り、ミステリアイズはいろんなパターンを見てみたい。エビダン全員でシャッフルしてミステリアイズだけ選手権とかめちゃめちゃいいな。失敬。〜〜

そして新曲!!!!今までのカッコイイ2曲を経ての、オーサカならではのポップでカワイイ楽曲!もう冒頭の、アユレディゴーーアーユレディゴーーーアユレディゴーアユレディゴッゴッッ♪♪のロボットダンスで、ヒィーーーーーカンワイ"イ"ーーーー!!!!!てなります。曲中にいろんな表情も交えてて、見ててほんとに飽きなかったです。そして見所は言わずもがな、ジェイたろの素晴らしい桜吹雪芸によるひびきゅの美しさ…………!!!!!!これは各方面やってくれたな、という感じですね。とにかくこの曲は定番曲になること間違いなしです。コール&レスポンスもありますし、とりあえずこれきたら誰でも、オーサカサイコーイエーーーイ!!!!!!!!みたいになります。(わたしだけ)

つぎ、行〜〜〜〜くでっ行〜〜〜〜〜〜でっ♪♪
(全力フリ付き)

en1.恋心
まさかとは思いました、、アンコールで恋心きました。楽しくて楽しくて仕方ないですね。手組んで踊り狂ってました。そんでメンバーもめちゃめちゃ楽しそう。相乗効果で幸せon幸せな空間が生まれます。恋心見てると、エビダンサイコー!!!!て叫びたくなっちゃうなあ。

そんでワンモア!サクラサク!録画用かな?わかんないけど!C&Rもわかるからさらに楽しくなってくる!ワーーイワーーーーーイ!(語彙力失侍)

今、改めて見ても最高なセトリですね、
クゥ〜〜〜〜ッやりますね〜〜😂て感じです。

このほか、MCも魅力のひとつですね。

特に、誰がどう見てもハーフのジェイたろとローーーーがコッテコテの関西弁しゃべるのおもしろすぎます。アテレコか?てなるけど、

ジェイたろはとってもカワイイ顔して関西弁エゲツないしテンションも高い!じっとしてられない!とにかくお顔がリアルポアポア天使!なのに小さな身体を器用に使ってダンススキルもピカイチで、ダンスがほんとに好きなんだなあて思える!ジェイたろは天才!だし、

ローーーーは関西弁と英語のバイリンガルで、顔がとにかく綺麗。美しい。2万年くらい安心して顔だけ見てられそう。スゴイ。(ノエルくんていう弟くんも同じオーサカに所属してますが、石田兄弟はまるごと推せます。)すごく周りが見えていて大人っぽい!冷静で、接触の受け答えが雑で笑う、個人的にローーさんめっちゃ好き(笑)だし、

あゆむくんは結構はしゃぐ系の曲だとわちゃわちゃ楽しそうなのに、MCになると恥ずかしそうで年相応の男の子って感じで、曲中歌ってるときに自作の固定手振りつけがち(笑)で、

よりさんは膝のお皿割ってしまって?その後たぶんそっちの足をかばってだと思うけど逆の足を階段で負傷してしまったらしい、、聞いているだけで痛々しくて、ほんとによりさんの元気にダンスする姿はやく見たいなて思わずにいられないです、動けない代わりに車椅子でできる範囲で踊ったり、ボーカルとして歌ったり、え、今のうまっ!え、だれ?、!??!??てなったらよりさんだったこと多々ありました!MCではよりさんへのカワイイコール1番大きかったり!礼するときに直角に折れてるよりさんむちゃくちゃ愛おしくなります!0からじゃないよ!ちゃんと積み上げたもの、みんなが持ち合わせてくれてるものがあるよ!頑張ろう!応援してるよ!

いつのまにか小ザリ紹介に、、これはわたしがするべきではないと思ってたからするつもりなかったのに、、、独り言ってコワイ。ほんとに脳がペラペラしゃべるんです。でもまあこの波にのって、大ザリ駆け足で、、、

んと、しおんきゅんは正直1番掴めてない、、、接触でワーーーーーーッッて言ってたらワハハハハハウェーーイてやってくれる(笑)テンパって日本語失うオタクにとても神対応なしおんきゅんなのであった、、、。あとボーカル、ぜったいこれから伸びる感がこのど素人からみてもわかるぞ、今のところ低音が得意のようだ!

ひびききゅ!ひびききゅは最高!ほんとに最高という2文字に限る!接触が最高!ほんとにTHE☆大阪人 て感じ!ひびききゅはなんも考えてなくても大丈夫な気がしてしまう!ごめん!ちゃんとネタ用意します!ズッ、、、、、、キーーーーーーーーー二!!!!!!(彼が流行語大賞狙ってるらしいので、乱用推奨です)あとみなさん口を揃えて、ダンスが上手くなったとおっしゃってます!ええわたしもそうとしか思えません!(アンディくんと秘密の特訓をしてるとかしてないとか、、?!)脱盆踊りをしたらしい!(刺されるぞ!)ひびききゅは絶対的センターなのだ!いないと困るんや!

極め付けのアンディくん!、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、






















ス、


シュ、シュゴイ〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜

























て感じです。ね


どっから手をつけたらいいのやら状態。

アンディくんすごいんですよ、すごくすごくデキる子なんです。できてしまう子なんです、なんでも、卒なく、、。あんな子がもしわたしの周りにいたら劣等感で毎日深めにささくれむきますわ。うぇええん。

ダンスについてはほんとに、、ほんとに生で見てください。誰がなんと言おうと、貴方の目で見てほしい、というのが根底にあります。アンディは呼吸をするかのように、自然にダンスで魅せてくれます。

一つだけ言えるとしたら、アンディの目配せ?目線?が途轍もなく綺麗なんです。めちゃくちゃ綺麗。アンディくんが中学2年生なりに見つめる先(将来とかこれからのこととか)をわたしも一緒に見たいな、て、見せてほしいな、て思ったりしてしまって。ほんと魅きつけられるんですね、、

接触もおそろしいですよ、、、ホント。自推し他推し、男の人女の人、古参新規、、なにひとつ障壁を作ることなく、接触に来た人1人残らずぜ〜〜〜〜〜〜〜〜いんを幸せにして帰してくれます。その保証はほんとにできます。しかも一人称、ゆうとなあ〜〜〜ですよ?泡吹きまわりましたわ。踊っているときとの振り幅がエゲツない。カッコイイとカワイイの高低差で耳キーンなりますわ!!!!!!!!!…ウス。
オタクがあれやってほしいな、これやってくれたらなあ、ポアポア〜〜ン♡なんて想像を悠に越えます。もれなくみなさん目にハートつけて帰ります。ちなみにわたしは心臓直接殴りながら帰りました。




そんな7人(ほんっとに主観です)合わせて、


あめりかんザリガニです。

( メンバーのフルネーム、生年月日等パーソナルな基本情報はこちらのURLからご覧ください。


ゴタゴタ言ってないで最初からこれを見せろ!ってな!申し訳ないです。これを見れば、今日から貴方もあめりかのザリガニさんがちょっとだけ気になる人!になれます!チェケラ! )





あめザリは、この第2世代(み!しめじマジボスパドラ)の中で圧倒的に、ダンススキルが問われていると思います。それぞれが目指してるものも、得意なものも、グループごとで違うのは重々承知です。が、ここまでバキバキにダンススキルで魅せるグループはこの7人が揃ったあめりかんザリガニが随一!と掲げていいのではないのでしょうか。わたしは思います、そうしましょう!そうしたいです!そしてそれに応えようと、必死に練習を重ね、場数を確実に踏んでいる彼らを応援したいです!ただそれだけであります!頑張れ!わたしも東で頑張る女になります!




、、、とここで、5/3の全体イベントのお話へ移ろうと思ったのですが、あまりにも長いので、記事を2つにわけました。

あめザリ結構よさげ↑↑と少しでもピンときた方、暇でヒマで時期に死ぬ、、、という方、はご飯のお供にでも、ぜひ次の記事も合わせてご覧くださいませ。EBiDAN OSAKA も玉手箱です。是非に、!失礼しました。


❺の人 のお話


f:id:pem_tn:20160428015925j:plain


はじめまして。
ちゃんとした記事を投げるのはお初ピーポー!
と言っても、受験期に書きなぐってたものをコピペしただけのものなのでどうぞお手柔らかにお願いします、。
かなり心が荒らいでるのが伺えます(笑)

ユーキさんの誕生日あたりのときに、ド新規でも追える、ユーキさんの変化について路上を見ていろいろ思ったご様子です。。。







新大久保のユーキちゃん見てると苦しくなるね。

なんていうか今とは違うとりあえず。ユーキちゃんが醸し出す雰囲気が目に見えるように違うんだよね。なんだか力尽くで踊ってる感じ。たぶんいくないオラオラ。すごく、一人な気がした。悪目立ちしてると言われても強く否定はできないのがほんとに苦しくて、苦しい、泡吹いてる。とめはねはらいで言ったら、ずっとトメ!て感じ。トメ!トメ!トメ!!そんでまたトメ!トメ!極め付けにトメ!!!!くらえスーパーミラクルトメーーーー!!!!!!!!て感じ。おまえはトメ子か!(はい。)

まあだからそら、ユーキさんの周りだけ時間がゆっくり動いてると信じ込む時期はあるよね。(結構真面目に検証してた)

やっぱり今のユーキさんのダンスの魅せ方って誰にでもできることじゃないんだなあって痛いくらい思い知らされました。

今日までの努力の欠片が今のユーキさんにキラキラ散りばめられてるんだよね。まだ足りないまだ足りないまだ足りないって自分に500パー増しで厳しく、圧倒的に周りよりも自ら荷重をかけてきたストイックさが功を奏して今のステージ上の妖艶なユーキさんが生きてるんだよね。ガハァーー。最高。推しがすごいぞ。

あと、周りと波長が違うっていうのもある。いやもちろんたぶんこの当時の時点で5人の中でかなりのダンススキルの差があって、そんでユーキちゃんがダントツ飛び抜けているのはこのクソど新規から見ても言わずもがなの事実であり、ユーキちゃん自身もそのことを十ニ分わかってたと思う。でも他の4人と合わせようという感じがないっていうかなんていうか、1つになってるとはどうにも言い難くて、(この時にそこまで高クオリティなものを作ろうとしてたのかはわたしが知るところではないが)みんなそれぞれどこか違う方向(これからのこととかメンタル面)を向いて踊っている気がして、見ていて歯がゆくてほんとに見てられないピーヤ。(実際5万回位見ている。)

この時からユーキさんが超特急のリーダーとして動いていたのかはわからないけど、とりあえずダンスが上手い時点で周りからも頼られただろうし、ユーキさん自身も超特急でやっていきたい気持ちは強くて、自分が引っ張んなきゃて必死に踠いてる気がした。現ガリガリーダーのリョウガさんのように後ろから見守るというより、こうでなきゃいけないっていうTHEリーダーな確固としたリーダー像が常にあって、妥協は絶対許さなかった思うししんどかったんじゃないかなあと思うと、おいしい塩むすびをにぎって笹に包んで“ときどきは休んでね”て書いたポストイット付けちゃってユーキさんの自転車のカゴに入れておきたい気持ちになりました。(レッスン自転車通学のはずはないよね、わかる。)

当時、もし超特急内で決定的なヒビが少しでも浮き彫りになっていたら、きっと音を立てて崩れそうな、正に思春期の少年たちって感じがこっちまで漂ってるなあ。あーーなんか胸がジグジグする。クルシイーーーー!!!!

やっぱりユーキちゃん、小さい頃からダンス習ってるとはいえ成長がすごいんだ。すごい。すごいよ。どこまで行くんだろう。このNMCで言えば、この新大久保のからの、踊ってみた、からの〜国フォ見て、少年から青年への成長の目撃者になって、積極的にメンタルエグってくスタイルです。おめでとう。お陰さまで胃もたれがすごい。ハートミニチョコチップビスケットを口に運ぶ手がとまらなーい!ありがとう超特急。ありがとうユーキっぴゃ〜〜!宇宙一好き!21歳誕生日おめでとう!ユーキちゃん!

20160102

バンドとebidan


バンドがとても好きでライブハウスサイコー!人間でありながら、なんの取り柄もないJK生活を送っていたが、受験期にebidanというとんでもない沼に住み着き始めた人のタラタラとしたひとり言です。(ひとり言の割に、口調が気持ち悪いので体調が悪くなった方は静かに目を閉じてくださると幸いです)


バンドは兄の影響で小5くらいのときから、ebidanはド〜新規地蔵DDちょろオタ、基本的に出されたものはなんでも食べます、お手柔らかによろしくお願いします。