読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

一瞬の世界の美しさに騙されて

新参者によるDa-iCE の話

 


2017年1月17日


Da-iCE HALL TOUR 2016 -PHASE 5-
                                   Day18 FINAL 日本武道館

 
公演に行ってまいりました。
 
 
わたしにとって
はじめてのDa-iCEワンマンライブ
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

 

 

 

 

 

 

 


 
 

 

 

 

 

 


 
すばらしい公演でした。
 
 
 

 

 


 
 
Da-iCEさんすばらしかったです
ほんっっっとうにほんとうに。

 

 


このDa-iCEの現場に来てなにを1番に思ったかって、
 


なんて落ち着いたすばらしい現場なんだ
 


ということでした。
なんといっても現場の雰囲気が穏やかで空気が滑らかで、殺気立っていない。和気藹々。接しやす〜〜〜い。(1人)

ファンがだいすきな人たちをみるには最高のコンディションで、情緒不安定にならずワクワク開演を迎えられるし、跳ねて泣いて笑って終演を迎えられる。すごい。当たり前のことじゃないですよ、これ。
 


のちのち溜め込むとなんせ、読んでいる方の後味が悪くなりそうなので、先にえびすの民からみて思った類の話をしておきます。
 
まずそもそもの話、ファンの年齢層がだいぶ違う!おどろきました!
えびすのおたくの友人でもわたしの周りには自分より年上の方が多く、常識のありなし〜〜みたいな方ばかりです(褒めてます)。でもそれは小さな囲いの中のお話で、一般的には中高生のカラーギャングさんが会場を占めているし、公式も女子中高生に人気!と謳っていますね。
かくいうわたしも、古着屋でいやこれやん……!!としっかり意気揚々に買った、袖が赤のラグビーシャツと赤のロングネルシャツと赤い靴下履いてた時代があったし、まじ赤が最高で最強で神だな☺️🖖🏻👹🎒⛑🍓🍷🚨🎈🇯🇵⁉️⁉️みたいな時代があったので一概にはなんとも言えませんが、、、

兎にも角にも!だいすさん現場は落ち着いていた。服の色味も、テンションも。前者については、メンバーカラー然り、グループカラーって良くも悪くも働くな、と思った、し、後者については、周りの人を否が応でも巻き込むような目を伏せたくなるテンションのあがり方をしている人がいないな、と感じました。みなさん、ああ〜〜楽しみだね〜〜〜〜☺️☺️みたいな感じで、この新参者でも全く居心地の悪さを感じませんでした。

(ここではなんやかんや権などが発生するので載せられませんが、リリイベの際にSNSにてあがる、ファンの方々も含むライブの様子を収めた写真を見比べると一目瞭然です。)
 

 

(少し言い方は悪いですが)ファンの質、現場の雰囲気、はグループが左右されることもあり得る、限りなくグループの核に近いものだなあと思いました。

グループがファンに潰される、というほど目も当てられないだれも幸せにならない末路はありませんからね。

わたし調べによるファンにできることは、CDを買ったりライブに行ったり、もちろん物理的なものや数字を残すことも大事で、それありきですが、初めてきた方や少し気になって足を運んだ方々にとっての判断基準は現場の雰囲気によるのではと、そしてファンの評価はグループの評価に直結するなあと、改めて感じました。

 

 

また、

この武道館公演のほんとうにラストの曲で You&I というものがありました。

このときにメンバーへのサプライズで、ファンやスタッフさんたち自身とスケッチブックに書かれた思い思いのメッセージが大画面に映し出されたのでした。

このときの会場の雰囲気、目を細めて微笑み眺める5つの後ろ姿。

忘れられませんね。

えびす界隈では、ライブDVD然り、ライブ中の画面におたくが映ることを おたく晒し と揶揄し、毛嫌いしている方も多いことでしょう。正直わたしも、おたくは構わないでいいからその1分1秒を彼らのパフォーマンスを映すことに使ってよ〜〜、、、と顔を歪めることもありました。

しかしこのダイス公演でのファンのサプライズ演出。

なんということだ〜〜!!!!

こんな幸せそうなファンの方々をみて気を悪くするどころか、ほんとうに会場の温度が気持ち上がったのでは、というほど暖かい空気が流れ込みました。

ビデオ内の開場前のファンの方々がほんとうに、この会場に来られたこと、連れてきてもらえたことがほんとうに幸せそうで嬉しそうで。

こんな素敵なファンの方々に見守ってもらえるメンバーのみなさんもきっと幸せだろうな、といらぬ感情移入もしたり、ぬらり。

 

そしてなによりこのPHASE5ツアーにかかわったスタッフさんのみなさん、それ以上に結成からかかわっていてDa-iCEの隣でずっと並走して駆け抜けたスタッフの方々が思い思いのメッセージを胸に、大画面の中で笑顔で手を振る姿は、なんとも言い難い幸福感が迸りました。

 

現場の雰囲気は、こんな新参小坊主であるわたしをも含むファン一手に任せられているのです。

この、せっかく任せてくれている“現場”をより良いものにしなくてどうするんだ!という気持ちにさえなってきました(笑)とくにこれと言ってする必要はないと思いますが、雰囲気、これ、ほんとうに大事だな、と、重ね重ねですが思わずにいられなかったです。

 

とにかくDa-iCEの現場とファンのみんなさんの雰囲気の良さに感動し、まとまりもなく言いたい放題でした、すみません。

 

 

 

 


 (ディスをしているわけでは全くなく、ここが違うんだなと感じた部分を挙げたのみ、というのはご了承ください。)

 

 

 

 

 

 


開演してからは、ほんとうに時間が怒涛に目の前を通り過ぎていきました
 


1.Splash
2.SHOUT IT OUT
3.FIGHT BACK
4.DATE
5.Fashonable
6.Cynical Life
7.Up to the stars
8.着れないままのコート
9.REASON
10.恋ごころ
11.A WHOLE NEW WORLD
12.Umbrella
13.空
14.I'll be back
15.BILLION DREAMS
16.chocolate sympathy
17.WATCH OUT
18.I got your back
19.ハッシュハッシュ
20.Back To The Future
21.エビバディ

en.
22.New day
23.to the last man
24.パラダイブ
25.You&I

 

1曲1曲、セトリを追っていきたい気持ちは山々なのですが、そうするといつまでたっても投稿できないと察し、とりあえず投稿してから自己満で少しずつ書き足していけたら、と思ってます。どうでもいいですね。☺️

 

 

 

ーーーー 追記 ーーーー

 

Da-iCEのパフォーマンス力(歌唱力含む)について

 

Da-iCEは、一人一人のパフォーマンス力がえげつない。言わば全員が、スキルメン と呼べることでしょう。その"スキル"の中で、わたしが生で目の当たりにして1番面食らったのは、"歌唱力"です。

 

アカペラグループで培った、包み込むようなアーシーボイスを持つ雄大と、想太の女性の声帯を持つ稀有なハイトーン・ベイビーボイスが織りなす2人の4オクターブボイスは、他のボーカルダンスグループにはない圧倒的な存在感を放っていた。

 

 

と、公式HPのPROFILEに記載されている。この意味を知ることになったのは、わたしがダイスのパフォーマンスをみる2回目の代々木第一体育館でのこと。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

おそろしかった。

 

 

 

 

 

そう、おそろしいと感じるほどの声量。音源から劣ることのない、というより音源を超える感情の乗った声質。これでもかと大きなアリーナ会場にも、負ける気配がほんの1ミリも感じなかった。

 

彼らの生歌はすごい。ほんとうに、圧倒される とはこういうことか、と思いました。良い意味での圧がすごい。パーーーーーンっと脳を直接殴るように入る歌声も、絞るように語りかけるように気付いたらスルスルと肌を抜けていくオクターブボイスも。

 

 

彼らにとって、もはや音源は比べるものでもないかもしれない。音源とライブの歌声はもう別物と思っていいのでは、とすら思いました。

 

 

(つづく)

ーーーーーーーーーーーー

 

 

 

 


1つ言えるのは、曲が1曲終わるたびに、拍手をしながら、すばらしい、、、と呟いてしまう現象に陥りました。(あまりにも崇高な気分になったのかもしれません)

すばらしい、なんてそう滅多に使わないのに、なぜかこの日は発作的に乱用。でも今あの日を反芻しても、すばらしいという形容詞がなんともぴったりな気がします。

 

 

今までの背景を、なにも知らない知り得ない、この新参小坊主なわたしですら感極まったのだから、昔から彼らの後ろ姿をみてるファンの方々のことを思うと、ああああ〜〜もうなりふり構わずもっと大きくなって〜〜!!!!!!!!と願わずにいられなかったです、昔から応援しているファンの方々もなんとしてでも報われてほしい………!!!必殺!余計なお世話の術!


たいきめんさんや徹さんが頻りにおっしゃっていた「Da-iCE6年目に対するおめでとうはファンの方に向けて言いたい」というのはほんとうに、ファンの方と一緒にここまで来た、という意識が強いのだなあと思いました

 

だいすさんって、ファンが、ライブって楽しい!今日のライブ楽しかったね!また行きたいね!また一緒に行こうね!って思えることを第一に考えているのだろうなと、この日の大輝さんをみてて、そこはぜったい曲げたくないのだろうなと感じました。本編ラストのエビバディや、アンコールラスト2曲のパラダイブ、mcを挟んでYou&I からもみて取れました

 

mcにてメンバー1人ずつ話した後に、やっぱりしんみりしちゃうねえ〜〜〜!なんて戯けてみせるリーダー大輝さんは最高です、会場にいる人間1人残らず笑顔で終えることが彼らにとって、何よりのライブの成功と言えることなのかもしれませんね

 

 

 

 あと、

ほんとにほんとに最後のみんなでお疲れ様でしたを言う前、雄大さんのずっと堪えていたものがとうとう決壊して項垂れて泣いてしまったときに、大輝さんが、この終わりは始まりだから!(ニュアンス)と放ったのがすごく重かったです

わたしそういう言葉を鵜呑みにできない捻くれている人間なのですが、ああほんとだな〜〜と思いました、ほんとに
このDa-iCE初めてのホールツアーPHASE5 は終わるし、夢であり目標であった初めての武道館公演を無事終演することになるけど、次こうして NEXT PHASE 、進まなければいけない道を照らされて、見据えられるのだからもういま、この瞬間に、スタートしてるなあってほんとうに思えました



この、ライブの締めにメンバーもファンも全員で手を繋ぎながらお疲れ様でした!と放つのは昔からなんでしょうか、、?正直あそこがめちゃめちゃグッときて感極まりました

お疲れ様って上からぽくてファンがメンバーに言うのはあんまり…と思っていましたが、やっぱり言いたいですよね、だってこれでもかってほど努力したにきまってるんですもん、、、でないとこんな、Da-iCEさんすばらしかった が第一言語になったりしないです

きっと本人たちは自身に向かって お疲れ様 なんて呟かないと思うんですよ、いつどんな大きな会場をやり遂げたとしても。まだまだまだ……って現状の自分たちに満足する日ってそう来ないと思うんです。だから一先ずその日の公演が“無事”終了したことに感謝して、今日の公演も最高だったよ!お疲れ様!ありがとう!という意味合いを含ませながら『お疲れ様でした!』がメンバーもファンもフタッフのみなさんも、一人一人それぞれの頭の先からつま先までジンワリ沁み渡ればなあなんて思いますね。

メンバーのみなさんもファンに気持ちを手向けるのもそりゃあ嬉しいですが、自分に向けてもぜひ言ってほしいな、と思います

お疲れ様でしたっていい言葉!労いと感謝と。お互い最後の最後に再確認できますね、メンバーとファンの関係を

 

 

 

 

 


なんかこうすばらしいと思わせてくれるグループに落ちてしまうたびに心から、もっとはやく知りたかったて思ってしまうけどそういう話でもないかなとも思いますね

それはそれ、今の彼らに惹かられたのだからどうやってもタイミングは今だったんだろうな、って思います

そんな、もっと前に〜〜知ってれば〜〜あああ〜〜〜〜とかなってる暇があったら、彼らの未来に思いを馳せるほうがず〜〜〜〜っと幸せです〜〜〜〜〜〜!

あは〜〜楽しかったなあ〜〜幸せだった〜次はどんな5人をみれるのかなあ〜〜〜

 

 


落ち着いてみると、こちらからなにも返せてないのでは、と不安になるくらい最高で最強ですばらしかったDa-iCEさん

わたしのこの日の唯一の引っかかりは、今の彼らになにか返せたのかな、ということでした
乙女チックサンデーかよ!みたいなツッコミが聞こえますが、ほんとうにそう思ってしまうほどたくさん受け取って受け取って……幸せ過多だったのです…

まあでもそのいただいたものに見合うように返せる思い出も、力量も、持ち得てないんですけどね(自分で言っておいてすこ〜しだけ萎れてます)、Da-iCEさんすばらしかったの気持ちの矛先をどこに向けていいかわからなくて。だから返したいって気持ちがはやってしまってどうしようもなくなったりしてます

  

 

 

 

 


武道館公演ってやっぱこれだなあ〜〜!と、この有難みと喜びと、何より楽しいの爆破地点だなあって思いました

これぞ武道館公演!夢であり、目標であり、そしてしっかり5人が、ファンが、掴み取った武道館公演!あああ〜〜!!!!ほんとうに最高!武道館公演に立ち会えてよかった!

ありがとうございました!
もう誰に向かってありがとうございましたと言っていいのかわからない、地球ありがとう〜〜〜〜!!!!!!!

 

こんな、武道館が端から端までバッツリ埋まってる光景、客席3階にいるわたしですら鳥肌総立ち…正直、終始胃が震えてた

 

こうして1人から、6年かけて9000人を埋めて、これでもかって大きな声援を浴びて、アーティストとして本望だろうなあ、ほんとうによかった嬉しい

 

こんな短期間ですきになり、ハッと気付いたら武道館に座っていて、瞬間移動使えたっけ?みたいなとこありますし、こんなにメンバーに感情移入してしまうなんて正直思いもしなかったです

 

 

 

このブログを書き進めていくうちに、少しだいす気になってるけどよくわかねえしなあ〜〜みたいな方々のもう一押し(過去ブログ乱用)ができるような勢い(だけ)の記事になればなあと思いました

何スクロールさせるんだ?という感じのだいぶ上記になってしまいたが、ファンにできることのもう一つは“広めること”ですね。コツコツした布教活動、ファンのみなさんなら得意のことと存じ上げます(迷惑な話、わたしはすぐ人にステマダイマします☺️)

 

 今少しでもDa-iCEが気になった画面の前の方々!ほんとうに遅くないです!というかすきに遅いもヘッタクレもありません!なぜならわたしがすきになったのもほんのつい先日のことですが、こんなにDa-iCEさんからいろいろな気持ちを享受できているからです!今まですきですきで仕方なかったはずのアイドルの沼では芽生えなかった感情になったりもして、正直すごくすごく戸惑ったくらいです。

古参や新規やら拭えない枠組みを少し気にしてしまうのはファン同士だけで、正直本人たちは少しも気にしてません!(笑)

入り口はたくさんあります!個人的には楽曲で勝負できると思っていますが、歌でもパフォーマンスでも、もちろん顔でも!正直顔がすごいですよね〜〜!(心底褒めてます)

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

間違いなく、ファンはDa-iCEを愛し、Da-iCEはファンを愛していますね。

気恥ずかしくて、まともに打てないですが!ほんとうに愛を感じるライブでした!ワ〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜最高では?こんな最高なライブがあったんですよ〜〜!Yeah地球聞いてるか〜〜〜〜!!!!

  

 

 

 

 

 

アイドル(アーティスト)をすきになって、おたくになって、

すきな人が幸せで幸せ、って感情を知りました

 

正気です☺️

 

 

 

 

 

 

 

 

 

大輝さんがmcでおっしゃっていたように、実際に自分の目でライブをみて何かしらを感じ取ったファンが紡ぐ言葉ってやっぱり影響力あるよなあと、わたし自身も短いながらおたくを生きてきて感じ、なにか残しておかねば、と思い親指を動かした次第です

この爆発的感動を伝えるのはなかなか至難の技ですね、遣る瀬無いにもほどがあります

 

この記事を読んでくださっている方でほんとうに知りたいのは、そもそもどの顔がどの名前で、どの人がメンバー内でどんな色を出しているのか、この曲はどんな想いが込められた曲なのか、、そんな疑問をもとにここに迷い込んでしまったのなら、大変申し訳ない気持ちで大波を成しております。その場合はぜひ他にたくさんすてきなレポブログがあるので、そちらにお願いいたします。わたしもすぐあとを追いますから!!🏃

 

これからDa-iCE 2回目となるホールツアーがはじまりますが彼らはまだまだファン獲得の必要性を感じているそうです

自己満とは言え、わたしが一生お会いすることもないであろう人の中にでも、Da-iCEという欠片が残ればなと思います 

 

 

Da-iCE LIVE TOUR 2017 -NEXT PHASE- 」

【埼玉県】2017年6月23日(金) 三郷市文化会館
【埼玉県】2017年6月24日(土) 三郷市文化会館
【北海道】2017年6月28日(水) 小樽市民会館
【北海道】2017年6月30日(金) わくわくホリデーホール(札幌市民ホール
【石川県】2017年7月8日(土) 金沢本多の森ホール
【福岡県】2017年7月16日(日) 福岡サンパレス
【愛知県】2017年7月21日(金) 日本特殊陶業市民会館フォレストホール
大阪府】2017年7月22日(土) グランキューブ大阪メインホール
【埼玉県】2017年7月29日(土) サンシティ越谷 大ホール
青森県】2017年9月2日(土) リンクステーション青森
【神奈川県】2017年9月9日(土) 厚木市文化会館 大ホール
福島県】2017年9月10日(日) 郡山市民文化センター 大ホール
宮城県】2017年9月15日(金) 仙台イズミティ 大ホール
宮城県】2017年9月16日(土) 仙台イズミティ 大ホール
広島県】2017年9月23日(土・祝) 広島アステールプラザ 大ホール
広島県】2017年9月24日(日) 広島アステールプラザ 大ホール
【千葉県】2017年9月30日(土) 浦安市文化会館
群馬県】2017年10月7日(土) ベイシア文化ホール 大ホール
香川県】2017年10月9日(月・祝) サンポートホール高松 大ホール
兵庫県】2017年11月18日(土) 神戸ワールド記念ホール
兵庫県】2017年11月19日(日) 神戸ワールド記念ホール
※開演時間/開場時間未定

 

余談ですが、2017年のツアー日程です💐

お時間あればぜひお財布と相談して、いらっしゃるのもありかと、、!

今すでにわかることが1つあるのですが、、、

 

 

ぜったいに来た方がいいです!!!!(笑)(圧倒的主観😔🙏)

 

ほんとうに1人できても楽しめる現場だと思います。わたしは現場要介護人間(隣に掴まったり叩いたりできる人がいないと立っていられない)なので今のところ母を連れ回していますが☺️

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

さあ、!

わたしはもっとだいすさんのことが知りたい!だいすのことを知りたい!Da-iCEのことを知りたい〜〜〜〜!!

ということで、これからも追いかけさせていただきたいです

 

 

 

 

 

すきでいさせてください
 

 

 

すてきな現場の雰囲気を作ってくださったファンのみなさん、すばらしい公演をみせてくださったメンバーのみなさん


ほんとうに
ありがとうございました

新参小坊主もすごくすごく幸せな時間をすごせたこと、この公演のすべてに感謝したいです

 

だらだらと失礼いたしました

 

 

 

 f:id:pem_tn:20170126050605j:image


SEE YOU NEXT PHASE..